メインメニュー

サブメニュー

母乳を増やす食生活

母乳が出ていないなと感じても、あきらめずに頻回授乳するようにしましょう。 あきらめてしまうとその分母乳の分泌が減ってしまい、より出にくくなってしまいます。 母乳が出ないときでもあきらめずおっぱいをあげ続けるということが大事です。 母乳育児が推進していても、なかなか思うように母乳が出ない人が多くなってきています。 生活習慣や体の変化もありますが、精神的な悩みも多くあります。

どちらも母乳のためには改善しなくてはいけないことです。 なかでも食生活によって母乳の分泌量は大きく異なります。 母乳で悩んでいる人は、積極的に食生活の見直しが必要です。 妊娠中でも体重制限や食事内容がきびしい病院もあります。 さらに産後も食事で悩まなければいけないのかと思う人もいるでしょう。 ストレスを感じない程度に、食事の改善をしていくようにしましょう。 なんでも我慢してしまうのはストレスをためてしまう一方です。 周りの人にも母乳にはこれがいいからといろんなものを進められるでしょう。

しかし中には食べ過ぎてしまうと、逆に母乳の質が下がってしまったり、乳腺炎などのおっぱいのトラブルを引き起こす場合もあります。 どのようなものを食べると母乳にいいのか、分泌がたまるのか自分で把握しておきましょう。 食事以外でお腹がすいたときに何を食べたらいいのか、どのぐらい食べてもいいのかなどの判断ができます。 自分が食べたものが分泌されて母乳は出来上がります。 子供の体にとっていいものを与えたいとだれもが思うでしょう。 より多くの母乳を与えて元気に育ってもらうために、具体的に効果がある食品などを説明していきます。